<< 真冬の薔薇 少しずつ・・ >>

春になったら

春になったら行きたい展示会が・・・
そうです、3月からは「ラファエロ展」が国立西洋美術館で
4月からは「貴婦人と一角獣展」が国立新美術館で!
ラファエロはルーブルでいくつか見れましたが今回はイタリアから初来日のものもあり、非常に楽しみ。
タペストリーはフランスに行った時に行きたかったけれど時間的な都合でいけなかった
中世美術館の所蔵品、しかも6枚も・・・
早く春にならないかな・・と自分の作品の進み具合はさておき、楽しみに日々を過ごしております。

フランスといえば、「モンサンミシェルの写真は?」と聞かれてそういえばアップしていない・・・ので本日。

制作は少しずつですが進んでおります。が、写真でみるとあまり変わり映えしないので・・・綺麗な風景でも楽しんで頂ければと思います。

* France Note *

晴天!
すばらしく晴れ渡る空にぽっかりと出現したモンサンミシェル
道路を橋に整備する工事が始まっており近くまで車ではいけません。(バスが出ている)
e0253956_1454784.jpg

e0253956_1483747.jpg


この上が教会のエントレ、実は夕方で入場は終わっているので中に入るのは明日
e0253956_1484325.jpg


引き潮中に渡ってきたので海が満ち初めてきた湾を見ることができました・・意外と速いスピードで満ちていく
e0253956_148556.jpg


PM8:00位ですがやっと日が暮れます
e0253956_149484.jpg


ボケてしまった夜のモンサンミシェル
ライトアップされているので海に写っていて幻想的でした。(伝わらない写真・・)
モンサンミシェルが対岸から望めるホテルに連れて行ってもらいました。
e0253956_1491698.jpg


翌朝、めえぇ!めえぇ!めえぇ!!という声が・・・なにかと思ったら・・・・
e0253956_14234563.jpg

カーテンを開けたらこんなことに・・羊の大移動

二日目はあいにくの雨でしたが表情の違うモンサンミシェルを堪能
e0253956_1427684.jpg


扉の向こうにはテラス、霧でけぶっていていますが海が広がっています
e0253956_14285356.jpg


模様になったタイルの上はお祈りする人しか入ってはいけない聖域
e0253956_1429815.jpg


有名な修道士の回廊
e0253956_14302789.jpg


教会の頂上にいる聖ミカエル像と同型の石膏像
e0253956_14303651.jpg


教会内は階段を上がったり下がったり・・増築を繰り返した建物なので色々な様式が入りまじり
大きな部屋から小さな部屋、古い古い戦争で崩された部分、ガイド付きでないと立ち入り禁止の区域など様々でした。
生きているうちに1度は行ってみたかったモンサンミシェル、こんなに早くに行けて幸せです。
「La・Merveille」(驚異)と呼ばれる意味がわかります、本当に素晴らしいです。

ところで、写真に人があまり写りこんでいませんが物凄い世界中の観光客でいっぱい・・・前に進むのが意外と大変でした、自分のペースでは進めません。
[PR]
by yumiurano-doll | 2013-01-27 15:01 | 日々
<< 真冬の薔薇 少しずつ・・ >>